ハイジニーナ脱毛Rankingトップ > ハイジニーナ脱毛Q&A一覧 > 痛み

ハイジニーナ脱毛の痛み

医療機関の場合は麻酔が使えます!

 痛みはありますが、医療脱毛ではお医者さんも看護師さんもいるので麻酔ができます。笑気麻酔と呼ばれるものと表面麻酔クリームがあります。笑気麻酔は、注射ではなく、口から麻酔を吸ってお酒に酔ったようなぼーっとした状態を作って、痛みを感じにくくした状態で脱毛をします。また、表面麻酔クリームは、肌に塗ると30分程で麻酔の効果があらわれるので、効果があらわれてから脱毛をします。VとIは、仰向けで行うので、笑気麻酔を吸いながら行なえます。Oは、四つん這いの状態でするので、口から麻酔を吸うのが難しいためクリームを塗ってから行います。自宅でクリームを事前に塗ってきてもらうところもあるようです。

最新機器で痛みを軽減!

 また、最近、医療脱毛では、ライトシェアデュエットと呼ばれる医療レーザー脱毛機が使用されていますが、以前よりも痛みが軽減したと言われています。以前はクーリングしながら行なっていましたが、クーリングしなくてもできるようになりました。肌を吸着させながら行うので痛みが減ったと言われています。痛みとしては、肌を吸われたような感覚の中にチクッとする感じです。ジェルを塗りながらする必要がなくなったのでジェルを塗る時間が短縮されました。